ビジネスニュースをお届けします

このサイトについて

istorical.comは日本国内の話題を中心に、経済、ビジネスなどの最新の情報をお届けするビジネスサイトです。皆さまのお役に立つ情報をお届けしていきます。

私の友人に、エッセイストというちょっと変わった職業に就いている人が居ます。彼の名前は玉置 勝といい、昔からちょっと変わった人ということでクラスでも一目置かれる存在でした。

 

このちょっと変わっているということが、どうやらエッセイストには重要なことみたいですね。あまり知らない職業であるエッセイストについて、彼に以前聞いてみたことをこの場で紹介してみたいと思います。

 

エッセイストとは
そもそも皆さんはエッセイストという職業を何かご存知でしょうか。エッセイを書く人のことをエッセイストというのですが、じゃあエッセイって何でしょうか?ここでちょっと辞書を引いてみると、エッセイとは日本語で随筆のことだと出てきました。随筆についてもよくわからないので調べてみると、随筆とは自分なりの考えや意見などを自由な形式で書いた物のことを言うのだそうです。

 

つまりエッセイストとは自分の意見を書いて、それで食べている作家というわけですね。小説家ではなくて、ノンフィクション作家ともちょっと違う、それがエッセイストという職業みたいです。そんな中々馴染みの無い職業に就いた玉置君が、なぜ変わり者だから良かったのでしょうか。それは変わり者ならではの利点があるからです。

 

視点の重要性
エッセイストというのは、自分の意見を書いて、それを読んでもらってお金を稼ぐ職業です。ですから普通の人と同じような文章を書いていたのではいけません。読んで面白いと感じるような文章を書かないと中々お金を出してまで読んでもらえません。じゃあどうすればお金を出してまで読んでもらえるのでしょうか?それは普通とは違った視点で物事を見つめる文章を書けば良いのです。

 

読書好きな人の中には、自分と違う人の考えを知ることができるから読書が好きだという人が居ます。エッセイを読む人には、この違う考えを知りたいと思う人が多いようなのです。こういう物の見方があるのか、という新しい発見が無いとエッセイというのは読んでもらえないことが多いんですね。玉置君はその点で非常にエッセイストに向いていると言えました。

 

玉置 勝君について
玉置君とは中学時代同じクラスになったことがありました。普段から飄々としているタイプで、厳しい担任の先生ですら「玉置ならしょうがない」と言うぐらいにはマイペースな人物でした。例えばこんなエピソードがあります。
ある日授業が終わり、残すはホームルームだけとなったのですが、時間になっても担任の先生が来ない時がありました。みんな早く帰りたかったのですが、その時の担任の先生は学校でも有名な怖い先生だったので、勝手に帰ったら怒られるかもということで嫌々ながら待っているという状況でした。そんな状況で一人だけさっさと帰ってしまったのが玉置君です。これには私もびっくりしましたが、なるほど、彼らしいなとも思いました。

 

常識にとらわれない発想
結局その後、担任の先生は用事ができたので勝手に帰ってよろしいということでみんな解散しましたが、今考えても一人だけ帰るという玉置君はすごいなぁと思います。玉置君は決して不良でも、クラスで浮いていたわけでもなく、むしろクラスでも人気者ポジションに居る人でした。でも行動を見てるとなんだか良くわからないところがあったのです。
そんな彼がエッセイストとして頑張っていると聞いて、なるほどとある意味納得してしまったのは不思議なことではありません。エッセイというのはちょっと変わった視点から物事を見つめることがとても大事だと聞いたことがあるからです。身近なことでも、言われてみればそうだなと考えられることがエッセイでは大事なんですね。

 

エッセイストとして
そんな玉置君は、身近なことを変わった視点で鋭く考察するということを得意としています。もしかしたら、この文章を読んでいる人の中にもすでに玉置君のエッセイを読んだことがある人も居るかもしれませんね。エッセイというのを書いたことが無いので私は良くわかりませんが、毎日書くことについて考えるのが大変だという話をしていました。

 

普段から何気ないことについて思いをめぐらすことが、エッセイストについては重要なことなのかもしれません。エッセイストは特に専門的な知識が要らないから楽だと彼は言っていましたが、決して楽な仕事ではないと思います。なぜならば彼は、興味があることについてとてもよく調べているからです。おそらく、一つの専門に絞るか、広く色々なことについて調べるかの違いみたいなものでしょう。

 

結局のところ、エッセイストという職業につくには、なんらかの才能のような物が必要なのではないかと私は考えています。それが読む人を引き込む文章であるとか、普通ではできないような発想であるとか、どちらにせよただ文章を適当に書くだけではいけないことはよくわかります。

 

自分で書いた文章を読み直しながら、自分も玉置君のように文章を書ければなぁと無い物ねだりをしつつ、エッセイストの友人を改めて尊敬する次第です。

文章を書くことを生業とする方はこの世に大勢存在しますが、その中でも私の友人、玉置勝は一際珍しい存在といえます。類稀なる文章力を有するにも関わらず、それを本業とはせずに副業としてエッセイを執筆している彼の姿は、誰の目からしても異様に映るのではないでしょうか。

 

1.玉置勝という人物
玉置勝は、自身の経験や体験をエッセイとして執筆している人物であり、私の友人でもあります。彼はプロの小説家と言っても誰も疑わないほどの類稀なるセンスと、高度な文章力、豊かな表現力を兼ね備えた人物です。

 

恐らく、かつては誰もが小説家としての将来を嘱望したのでしょうが、彼は文壇には全く興味がないと言い張り、事実小説を書くようなことは一度もしたことがないと言っていました。一種の天才でもある彼の頭の中は誰も読み取ることができませんが、彼だけの世界観がそこにはあるのでしょう。

 

2.もったいない人物
玉置勝によるエッセイを始めて読んだ方の多くは、それがエッセイではなく小説ではないのかと疑ってしまうことでしょう。それだけ、彼の文字による表現はバラエティーに富み、どうやったらそのような表現が思いつくのか、という驚きを毎回感じさせてくれます。

 

しかし、時にはその表現能力が仇となり、話の内容がついていけないこともあります。それでも面白く最後まで作品を読むことができるのは、彼の才能を裏付けているとも言えますが、つくづくエッセイストで終わらせるのは惜しい人物、と感じてしまいます。

 

3.類稀なる才能
玉置勝が今回執筆したエッセイは、いつも通り淡々とした語り口で始まります。一見単調な流れのように思えますが、読み進めるうちに作品に引き込まれてしまうのはいつものことです。

 

小さな波が大きな波に変わっていき、やがて大きなうねりとなり押し寄せてくる、そんなイメージです。彼の作品の特徴は、決して難しい言葉を使わずに執筆されていることと言えるでしょう。シンプルな言い回しにも関わらず思わず引き込まれてしまうのは、彼の類稀なる文才を表しています。

 

友人ということで、私が誇大評価しているのではないか、と思われる方も中にはいるかもしれませんが、実際に彼の作品を読めば私の言っていることも理解して頂けるのではないでしょうか。

 

もちろん、人によって受け止め方は様々なので断言はできませんが、かなり高い確率で彼の作品に取り込まれてしまうと予想できます。一種の天才だからこそ可能な芸当と言えるでしょう。

私の姉は、数年前に結婚しています。その時はブライダルエステの存在なんて知らなかったので、必死にダイエットをしているのを見ていました。結局、結婚式までにはいくらか減量は出来たものの、やはり体調が悪そうで控え室ではぐったりしていましたね。

 

結婚式って思った以上に花嫁も体力を使うものですから。近年では、ブライダルエステがかなり定番化しましたので花嫁さんの負担もぐっと軽くなったのではないでしょうか。そこで、今回はハートアンドビューティのブライダルエステについてご紹介いたします。

 

基本的に、コースとして用意されているのはフェイシャルとバックトリートメントという背中のケアなのですが、例えば短期集中で減量したいという事を相談すれば出来る限り落とせるように相談に乗ってくれます。そのため、名前になっているコースだけではなくて、色々相談してみましょう。

 

例えば、近年ではミニのウェディングドレスを着用する花嫁さんも増えてきました。そこで、必要になるのがフットケアです。

 

ガサガサのかかとがもし見えてしまったら…ちょっとむなしいですよね。やっぱり、結婚式は最善の自分で臨みたいものですから。そのため、現在は名前にこだわらないでお式の日取りが決まった時点でエステサロンに通うというのが一般的になってきました。

 

ドレスを着た際に目立ってしまうデコルテや背中は勿論、減量やフットケアまで、総合的に行う事が出来ますので、なるべく早めに予約を入れる事が好ましいです。

 

ちなみに、ハートアンドビューティで行なっている花嫁さん向けのコースも、直前に受けるのではなくて出来れば数回受ける事をお勧めします。やはり、その方が仕上がりが違いますから。また、時期によっては非常にお店自体も混雑します。

 

直前でいいや、なんて思っていると予約すら出来ない場合もあります。そのため、早めに予約をしておいて、初回のカウンセリングも早めに行う事をお勧めします。今までで一番綺麗な自分になって結婚式を迎えて下さいね。

 

ハートアンドビューティの店舗一覧http://www.esthetic.cc/pref.php/branch/-/54/

江戸時代の中期には数多く日記風の随筆が書き綴られたそうだ。玉置勝が調べたところその随筆は後の日本のエッセイの源流とされている。なのでエッセイと随筆はその文学形式は同じ物である。最古の随筆と言えば平安時代に書かれた清少納言の「枕草子」である。

 

また鎌倉時代の吉田兼好の手による「徒然草」や同じく鎌倉時代の鴨長明の「方丈記」も名随筆であり枕草子とあわせて日本三大随筆と呼ぶ。これらの随筆は今のエッセイと少し趣きが異なっている。特に方丈記は無常観を持って当時の天災や大飢饉を描写しておりエッセイにある様な気軽な読み物といった印象はない。定義的にはエッセイも随筆も変わりは無い物であるが書物の雰囲気によって現代は使い分けされているのが大変興味深いと思う。

 

エッセイは先に述べた江戸時代のフランクな読み物をベースとしており、一方随筆はやはり日本三大随筆が源流であろう。なぜ現代において日記風随筆と言われないのかは玉置勝にも定かではないがきめ細やかな日本人の性分が何かこのジャンルに名をつけさせたのかもしれない。それがたまたまエッセイだったのではないのだろうか。エッセイは当たり前の事であるが日本語ではなく、その語源はフランス語の「エセー」である。

 

本来は試すという意味の単語であり16世紀に活躍した思想家ミシェル・ド・モンテーニュという思想家が自身の本のタイトルに「エセー」を用いたのが始まりだ。ちなみになぜこの「エセー」と名付けたのかと言うと、本の内容は自分自身の教養と見識をもって当時の宗教戦争の思索を書いた物であるが、この自分自身の意見のみを述べるというのが当時はセンセーショナルなことであり、試すの意味である「エセー」と名付けたようだ。「エセー」の反響は大きく彼のデカルトやパスカルにも影響を与えたと云われている。そして後にこの本の形式が海外のエッセイとなったとの事である。海外のエッセイと日本のエッセイ、共に形式は同じだが内容はずいぶんと異なるようだ。

エッセイは文学の形式のひとつで、日本語では随筆とあらわされる。英語のessay、フランス語のessaの訳語とされる。日本語としても定着しているエッセイだが、その意味を知っている人は意外に少ないかもしれない。玉置勝としてエッセイは小説とは違って基本的に実体験や持っている知識などから書かれる文章だ。古くから国内にある随筆は、日記の様に書かれたものも多く、気楽なスタイルとして扱われる。

 

実は欧米では日本とは違って、エッセイは哲学にも似た深い思索の中で生まれた考えを書いたものというイメージがある。調べてみると語源としては同じものから来ており、使い方としては同じだが、内容にこのような違いがあるのは興味深い。日本で最も有名なエッセイは日本最古とも言われる枕草子で、筆者はこちらも有名な清少納言である。玉置勝がもっとも好きな筆者のひとりだ。

 

枕草子の中身は平安の宮廷の姿を清少納言が書いたものであり、ものはづくし、日常生活の観察、人々の噂話など様々な内容を記録した随筆となっている。枕草子は鎌倉時代前期に書かれた鴨長明の方丈記、その約100年後の鎌倉時代末期に書かれたとされる吉田兼好の徒然草とともに日本三大随筆と呼ばれている。方丈記は鴨長明が隠棲している庵から見た鎌倉時代初期の世界を書き表しており、天災や飢饉の記述など歴史的資料としても評価が高い。

 

江戸時代の有名な作品では中期に新井白石によって書かれた政治的要素が多く描かれた自伝エッセイの折たく柴の記、本居宣長の玉勝間、松平定信の花月双紙、天野信景の塩尻などがある。海外に目を向けるとエッセイという語源のもととなったフランスを代表する哲学者ミシェル・エケム・ド・モンテーニュのエセーが有名だ。エッセイとはいうものの、内容は哲学的な要素を多く含んでおり、ミシェル・エケム・ド・モンテーニュが考える人間という存在、人間の生き方に関して探求し続けた内容が書かれている。エセーはフランスだけでなく、ヨーロッパ各国に影響を与えており、アウエルバッハ曰く「エセー」が人間という存在、生活に対して近代的感覚を持って問題を示した初めての本である。筆者の体験や知識を基にして書かれるエッセイはその時代の影響や生活の環境などがにじみ出る文学と言えるだろう。

こんにちは、玉置勝です。日本語で随筆と呼ばれるエッセイは、文学の一つの形でエッセイという言葉は英語から来ている。小説がフィクションを基にした物語であるのに対して、随筆は書き手の体験や知識に対し思うところを散文でまとめているものだ。日本における随筆は古くからある作品のイメージで日記的な印象が強く、少しラフな感じがある。しかし欧米においての随筆は深い思索をもって書かれる論文の様に重厚なものを指してエッセイと使われる場合が多い。

 

小説や批評、伝記など文学の一形態である随筆だが、国によってやや使われ方が違うのは意外だ。これは玉置勝の個人的な見解だが国内の随筆、エッセイと呼ばれる最初の作品は清少納言の枕草子とされている。平安時代中期を生きた清少納言が書いた枕草子は、働いていた宮廷社会を思い返す日記のような段や日常生活にあふれる四季の美しさなどを語る随想の段、類聚章段と呼ばれるテーマごとに話が書かれる段など色々な文章から構成されている。

 

有名なエッセイで言えばその他にも鴨長明の方丈記、吉田兼好の徒然草など国語の授業でも取り扱われるようなものが多い。江戸時代にはエッセイは世の中の階級社会を反映して、色々なものが見られるようになった。江戸時代の代表的な作品では古事記伝などの古典研究をしていた筆者が様々な分野に関して書き表した本居宣長の玉勝間、松平定信の花月双紙、新井白石の折たく柴の記などがある。

 

エッセイはフランスの思想家ミシェル・ド・モンテーニュの書いたessai(エセー)が最初に文学としての形を作り上げたと言われている。日記的な内容が多かった日本の随筆とは異なり、ミシェル・ド・モンテーニュのエセーは自己の内面を独自の書き方で表現しており、哲学的な面も見えるほど深く考えられた内容は非常に評価が高い。玉置勝もこの分野に非常に興味があり調べてみると16世紀に書かれたこの本は後世にも大きな影響を与え、デカルトやパスカルなどもエセーの影響を受けていると言われている。時代としては教会が強い時代だったため、無神論にあたるとされて17世紀後期には禁書に指定された。

エッセイ(随筆)は文学の形態の一つで、英語やフランス語の同じ意味を持つ言葉からきている。エッセイとそのまま使っても日本で通じる。エッセイ(随筆)は書き手の体験や知識をもととして思考を重ねて描かれる散文である。

 

エッセイストの玉置勝氏によれば日本でエッセイと呼ばれる作風は比較的ライトであり、日記的な内容のものもエッセイというジャンルで表される。日本とは少し違う使い方をするのが欧米で、あちらのエッセイというニュアンスでは思考を重ねぬいた中で出てきた考えを記したもので論文的な雰囲気がある。文学の規定としてはエッセイは同じ意味で使われるが、実際の使われ方はやや違っているのだ。

 

日本最古のエッセイであり、最も有名な作品が日本人なら一度は聞いたことがある清少納言の枕草子だ。枕草子は同じく平安時代中期に書かれた京都を舞台とした長編小説である源氏物語とともに中古文学の双璧と呼ばれ、後の世の俳諧、仮名草子などに大きな影響を与えたと言われている。さらに枕草子は鎌倉時代に書かれた鴨長明の方丈記、吉田兼好の徒然草の2つと一緒に日本三大随筆と呼ばれている。

 

玉置氏は「今でこそ有名な吉田兼好の徒然草であるが、実は書かれた時代では100年間程度は全く注目されておらず、室町中期になってようやく日の目を見た。江戸時代では新井白石の折たく柴の記や本居宣長の玉勝間、天野信景の塩尻などが有名であり江戸自体のそれぞれの身分から見る世相を表したものが多い。」と言う。世界的にもっとも有名なエッセイは、その語源ともなったミシェル・ド・モンテーニュが書いた「随想録」である。またはフランス語のまま「エセー」とも言われる。

 

日本のエッセイでは当時の生活や時代がわかる日記的なものが多いが、エセーは人間の行為に関して深く切り込んだ思索を基にしたエッセイを残しており、哲学的な要素も強い。モンテーニュの書き方は独特で随筆でありながら、教育的な表現を強調する文体が用いられていたり、読者の関心を離さない書き方がされている。世界的にも著名なエセーは本として素晴らしいだけでなく、エッセイというジャンルを作りだしたものなのだ。

今日は玉置勝氏のエッセイについての意見を中心に取り上げてみたいと思います。清少納言の枕草子、吉田兼好の徒然草、鴨長明の方丈記。これらの随筆は日本三大随筆とされており、清少納言の平安時代から1000年強の時を経た現在でも多くの人々を魅了している。随筆とは筆者自身の経験や教養を基にある現実のテーマに沿って語られる思想や感想である。この文学形式をみればエッセイもそうである。

 

玉置勝氏によれば「随筆=エッセイという図式が成り立つには成り立つが先ほどの日本三大随筆を日本三大エッセイであると言うには少し抵抗がある。」という言う。なぜだろうか。現代で広く読まれているエッセイの数々は気軽な内容が多い。だから読む時の方の力を抜いて気楽に楽しむ事ができる。また空いている時間にエッセイを楽しむという言い方は出来るかと思うが随筆を楽しむとなると何か一般的ではない様な気がしてくるのである。

 

形式は同じであるが個々の持つ雰囲気は全く違うという点がとても興味深い。むしろ日本では随筆の中のカテゴリーとしてエッセイがあるといった方が適切なのかもしれない。しかしこの「エッセイ」という言葉は海外ではライトなジャンルとして扱われてはいないのがこれまた面白い。海外エッセイはイメージ的に言えば日本の随筆に近いのである。

 

日本の随筆の内容は主に内省的な完結を見せる物が多いが、海外のエッセイは非内省的な内容、言わば論文に近い印象を持つ等相違点はあるが重厚なテーマを扱うといった点が似ている。元々エッセイの語源は「エセー」である。「エセー」とは試すという意味合いの言葉でフランスの思想家ミシェル・ド・モンテーニュが自身の書籍に「エセー」を冠した事に由来する。

 

玉置勝氏はこう語る。「自身の知識や教養のみを用い深い思索を行なって書き綴られたこの書籍は当時実験的でありこのタイトルがつけられた」そうだ。この「エセー」から海外のエッセイは産声を上げ現代においても深いテーマを用いた書物が多いい様である。こういった背景から推察すると海外の言葉を用いてはいる物の日本の「エッセイ」は日本で独自の文学と言えなくも無い。

随筆(エッセイ)は小説などと並び、国語のテストなどにもよく出される文学の形式の一つである。「随筆(エッセイ)は虚構ではなく、実際に経験したことや持っている知識などをベースにした感想や思想を散文で書いたものを指す。」と玉置勝氏は語ります。

 

江戸時代の日記的な随筆の印象が強い日本では、エッセイというくくりが気楽なスタイルで書かれたものを指していることが多い。欧米では論文的なスタイルと言われるように、思索の部分が非常に深く、テーマ的に日記とは感じられないようなものが多い。同じエッセイという単語で形式としては一緒ではあるが、書かれている内容は意味合い的にも違う面があるのだ。日本で有名な随筆(エッセイ)と言えば清少納言の枕草子だろう。

 

だれもが聞いたことがあり、おそらく読んだこともある作品だ。平安時代の貴族社会を描いた枕草子は3つの段から構成されており、それぞれに清少納言の自然や宮廷社会などに対する想いがつづられている。評価が非常に高い枕草子は鎌倉時代前期に書かれた鴨長明の方丈記と後期に書かれた吉田兼好の徒然草とともに日本三大随筆と称されている。

 

さらに玉置勝氏が推薦するのは鴨長明の方丈記は当時の時代流行った飢饉や、災害などについての記述も多く鎌倉時代の歴史を見るときにも価値がある作品だ。江戸時代にも多くの随筆が書かれたが、後期では主に日記風随筆が多く現代のエッセイのイメージの原型を作っている。最も有名なエッセイはミシェル・ド・モンテーニュの随想録と呼ばれるもので、日本でもフランス語のままにエセーとも呼ばれる。

 

モンテーニュのエセーは哲学者のモンテーニュが当時を生きる人間の内面について書いた作品であり、人間とは何かという命題に深く切り込んだ作品になっている。ヨーロッパ各地に影響を与えたエセーは後世の偉大な哲学者であるパスカルやデカルトにも大きな影響を与えたと言われている。エセーは宗教戦争が激しさを増す時代の中で聖書からの引用をしないスタイルで書きあげられており、後に禁書とされるに至っている。

玉置勝が考えるにエッセイは日本語で随筆と呼ばれる文学の一つの形式である。小説が筆者が考えた空想の世界を描いて作られる文学に対して、随筆は筆者の得た知識や経験からくるものを元にして、思想や思索を書き表すものだ。

 

現代でエッセイと言うと筆者の経験を基にした比較的リラックスした内容の書籍と考える人が多い。日本で気楽なイメージのあるエッセイだが、海外では深く考えられた思索をベースに書かれる論理的なものが多く少しイメージが違う。エッセイという文学の一つの分野としての考え方は同じだが、作品に対するイメージが違うのは玉置勝としては非常に興味深い。

 

平安時代に書かれた清少納言の枕草子が日本最古の随筆と言われており、一番有名だろう。枕草子は同じく平安時代に書かれている源氏物語とともに中古文学の代表であり、後世の文学に大きな影響を与えている。枕草子から約200年後の鎌倉前期に書かれた鴨長明の方丈記、さらに約100年後に書かれた吉田兼好の徒然草と合わせて日本の三大随筆として知られている。

 

鴨長明の方丈記と吉田兼好の徒然草は時代としては同じ鎌倉時代であるが、鎌倉初期と末期で100年の違いがあるので世相が違う。現代のエッセイの流れを作ったのは多くの随筆が書かれた江戸時代の中でも後期であり、日記風随筆が多く誕生した。それが現代のエッセイのイメージになっている。エッセイの語源となった作品は日本三大随筆の3作品よりも後の時代にできた作品で、フランスの哲学者ミシェル・ド・モンテーニュが16世紀に書いた随想録(エセー)である。

 

日本の随筆に分類されるものはどちらかと言えば当時の風景や自然、人々の生活などを語るものが多いが、エセーは当時の世相から人間とは何かという根本的な考え方を深く探求している。表現方法が文学の一分野になったエセーだが、哲学的に問いかける深い内容は後世のパスカルやデカルトと言った哲学者にも影響を与えている。虚構ではない内容に対する筆者の思想が深く読み取れるエッセイは読み手によっても感じるものが違うものだろう。

新しいことや今まで取り組んだことのないものに挑戦する、というのは近年どの企業でも口にしていますが、実際にそういった未開拓への挑戦を試みているのは全国でもほんの一握りの数にとどまっています。というのも新しい分野の開拓は相当の労的、時間的、そして金銭的なコストがかかるので、まず第一に企業体力を必要としてます。加えて現在の国内市場では大手も市場競争でしのぎを削っていますから、おいそれと損失を出すわけにはいきません。そうした状況のなかでも潤沢な開発資源を用意できるかといえば、多くの企業にとって難易度の高い壁になっています。

 

そんな現状にあっても果敢に新しい市場を切り開いてシェアを拡大している企業があります。株式会社ブレイブソフトは硬直した市場状況を打破するベンチャー企業の一つで、現在成長産業の一つとして位置付けられているスマートフォンのアプリ製作において国内有数の実績を誇っています。意欲的な活動を肯定する社内風土はより画期的なアイデアを生み、開発にいたるまでの速度も手続きが本雑になりがちな一般企業に比べて迅速に行こうすることができます。その最たる例として挙げられるのがスマートフォンの解析用アプリで、代表取締役である菅澤英司氏もあるインタビューのなかで誇らしげに語る様子が見受けられました。

 

菅澤英司氏が起業に至った経緯は大学時代に端を発します。学生時代の当時から「何か大きいことをしたい」「このまま普通に就職はしたくない」と考えていた菅澤氏は当時から盛況だったIT業界に目をつけます。これならいけるかもしれないと思った菅澤氏は独学でプログラミングを猛勉強。ついに知り合いのベンチャー企業家から仕事を受注できるまでに成長します。同時にプログラミングそのものにも魅力を感じるようになり、ついに大学卒業と同時に会社として正式に立ち上げることにしたのです。

 

また多くの企業家がそうであるように菅澤氏も個性的な性格の持ち主で、設立当初にメンバーだった友人とは別れて、一人での起業を新たにスタートさせます。普通に考えれば長く付き合いのある友人は傍に置いておきたくなるものですが、菅澤英司氏はそうではありませんでした。より自分の夢に近い環境を求めたのです。

 

ブレイブソフトの躍進の一つに、興味が惹かれるものはとりあえずやってみることだと菅澤氏は発言しています。従業員の年齢も若く、チャレンジ精神に溢れる企業体質はよりスピーディな成長を求めています。少々のリスクは背負ってでも挑戦に踏み切る魅力は技術改革が目覚ましいIT業界の中でも随一です。同時に挑戦にたいして意欲を燃やす新しいメンバーの獲得にも余念がなく、常にいい人材はいないかと目を光らせ、グローバルな世界へと羽ばたく準備を整えつつあります。

 

今後は蓄積されたノウハウを生かして自社でのソフトやサービスを開発していく方針で、現在運用を行っている解析ツールにはとりわけ力をいれて取り組む方針を打ち出しています。

世界の市場が中国マーケットに注目をするようになってから既に10年以上の年月が経ちました。今では世界的な巨大市場として注目を集める中国マーケットですが、開拓当時はあまり評価が高いとは言えませんでした。

 

その理由の一つが国際的な社会問題です。資本主義を主軸とする西欧の企業に対して社会主義を基軸とする中国政府は激しい拒否反応を示し、市場開放に向けての交渉は難航する場面が幾つかあり、その影響は現在でも続いています。例えば近隣諸国との領海問題が浮上したさいの外資系企業への暴動などは、チャイナリスクと呼ばれる一つの問題点を明確にしたと言えます。

 

しかしそんなリスクを背負ってでも、開拓を続ける価値があるというのがアジアでのリクルート活動を推し進めるベンチャー企業、株式会社ソーシャルリクルーティングの代表である、春日博文氏の持論です。

 

経済成長にしたがって高騰したといわれる労働者の賃金も、日本国内のそれと比べると半額程度であり、低コストで調達できる人的資源であることに変わりはありません。また教育の充実化などによる知識の蓄積や、十年来に渡る日経企業の進出による習慣理解など、多くの問題点には改善策を打ち出すことができます。

 

株死会社ソーシャルリクルーティングは中国を中心とするアジア全般にソーシャルメディアを使ったマーケティングの手法や、円滑なコミュニケーションの方法など、ソフト面でのサービス向上を主軸の産業として活動しています。

 

近年目覚ましい発達を遂げているソーシャルメディア環境ですが、その波について行き、メリットを享受しているのは対応力の速い人や、メディア慣れをしている若者が中心で、40代50代の層にはあまり浸透していないのが現状です。多くの企業がフェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアを顧客と企業を繋ぐバイパス役として利用しているにも関わらず、です。

 

そうして問題点を解消し、より社会の情報網が発達するようにソーシャルリクルーティングは活動しています。人事採用時のエントリーシートをソーシャルメディアによって簡素化するサービスなどは、一昔前なら100枚近い履歴書を書いていた就職活動生にとっては大変ありがたいものだといえるでしょう。また企業側の人事担当者にとってもメリットは大きく、今まで膨大な資料全てをチェックし、保管しておかなければならなかった作業が、ワンクリックの検索とパソコンのチェックで終わってしまうのですがから、これは大きな変革の一つといっても過言ではありません。利用を開始して慣れてくると、なぜもっと早くこれにしなかったのか不思議だ、という声も聞こえるそうです。

 

アジア市場を視野に目覚ましい活動を続ける株式会社リクルーティングの春日代表は新しい挑戦に対して意欲的なパーソナリティを持っており、自らの手で社会に対して挑戦したいというアクティブな持論を展開しています。その中でも印象的なのは経営者として大切にしているものはなにかという問いに対して、社運を賭けた挑戦に恐れないことだと買ったものです。会社は目的を達成するための手段であるという視点はアジアナンバーワンの座を狙う企業にとって必須の姿勢なのかもしれません。

現在日本のコンテンツ産業は多くの業界から有望視されています。10年ほど前から怒り始めたアニメブームや、地方のマスコットキャラクター産業など、新しい付加価値としてのコンテンツの担う役割は、他の国にはない大変貴重なものと言えます。

 

今までアニメやキャラクターなどの個性的なコンテンツは日本国内だけで流行るものであり、海外では通用しないというのが通説でした。その根拠として挙げられていたのが海外でのマンガ、コミック、雑誌などの売れ行きで、現実的なファッションやスポーツに価値を見いだす海外の消費者は日本のようなバーチャルの世界には興味を示さないだろうというのが大方の見解でした。

 

そんなある種の壁が出来上がっていたコンテンツ産業ですが、そこへ大きな風穴を開けたのが株式会社エクストリームの活動です。産業におけるエンターテイメントの役割を十分に理解し、そのメリットを最大限に活用した事業は瞬く間に市場に受け入れられ、現在では上場を見越した活動に移るなど国内のベンチャー企業の中でもトップクラスの成績を残しています。

 

多くのベンチャー企業の創業者は二十代で起業しています。市場の流れや新しい技術などは若い世代のほうが馴染みがはやく、それだけ優位性を早く作れるのが一つの理由です。しかし、株式会社エクストリームの代表、佐藤昌平はそんな一般的な企業家とは違い、十年近くサラリーマンとして会社に勤務したのちに起業へと踏み切りました。

 

それまで佐藤氏が勤めていた二つの企業はどちらも成功への道程を歩んでいます。ほ膣は今や日本を代表する企業になり、もう一つは史上最年少で上場を果たしているなど、優秀な成功者の活動を間近で見た経験が、自分も起業してみたいという気持ちに繋がったと言います。

 

株式会社ストリームの強みは徹底したスローガンにあります。スピード、クオリティ、挑戦は多くの企業が題名的に掲げていますが、それをきちんとこなせている会社は多くありません。遅れず、妥協せず、失敗を恐れないという行動は従業員や会社への負荷が大きく、それに耐えうるだけの能力育成や社内インフラの整備などが追いつかないからです。こうした問題を防ぐべく、株式会社ストリームでは社内の数か所に分けてスローガンを設置し、緊密な浸透を狙っています。

 

現在では自社開発したゲームが会員数50万人を越える大ヒットを記録し、多くの雑誌がが取材に訪れるなど、注目を集める状況が続いています。市場のニーズを的確に捉えることのできる圧倒的な企画力は、株式会社エクストリームの武器の一つです。

 

エンターテイメント系コンテンツ作成は日本が世界に対して圧倒的な優位性を持っており、アニメーションはその最たるもので、日本で生まれた多くのキャラクターが世界を魅了し続けています。今後そうした潮流にのって株式会社エクストリームは更なる飛躍を遂げる展開を目指しており、上場というベンチャーにとっての一つのゴールも、既に手の届くところまできているのかもしれません。

山形県鶴岡市に、アルケッチャーノというイタリア料理店があります。 鶴岡市という町は、人口約10万人の田園風景が広がるのどかな町です。 この町は、海も山もあり自然に恵まれた土地柄です。 このアルケッチャーノというイタリア料理店ですが、実はそんなのどかな町には非常に珍しい、 全国的に名店として大評判なお店なのです。 最近では、しばしばメディアに取り上げられることもあるので、認知度はかなり上昇しているのですが、 常に予約で一杯で次の予約をとれるのにかなりの時間を要してしまうほど、テーブルに座るのは難しいのです。

 

また、有名人なども数多くお忍びで訪れているようで、 よくテレビなどで味に関して有名人がコメントを話しているのを目にすることがあります。 そんな奥田シェフの気になる経歴なのですが、高校を卒業後単身東京で6年間修行をします。 そして修行を終えて、地元鶴岡に戻ってきます。 その地元で、何店かのお店の料理長を歴任したあと、念願の自分のお店をオープンいたします。 そこで奥田シェフは、地元の食材のクオリティの高さに気づき、自分の料理のキャリアと自分のお店を通して、 地元の食材の良さを全国に広めたいとかんがえます。

 

そして、東京進出まで果たし、地元の生産者の信用も得て今の繁盛店を築き上げます。 また、2010年に食文化賞を受賞します。(地域の食文化に貢献したとして) 奥田シェフと一般のシェフの違いは、食材にこだわることまではどのシェフでもきっとやることでしょう。 しかし、その当日とれる食材によって、メニューを変えることは中々できることではありません。

 

奥田シェフは、食材に合わせてメニューを変えてしまうのです。 これはつまり、契約している生産者側の食材が、不足していたり良いものがとれないことは、 自然を相手にしているので十分考えられることです。 その中で、良いものを選別して使うというのは一見理にかなっているのですが、 レストランとして考えれば、お客様のリクエストするメニューを用意できないかもしれないという デメリットもあります。 それでも、ここまでの繁盛店にするということは、お客様に条件をつけても信用されるお店、 ということなのでしょう。

 

また、奥田シェフは地元の生産者からも信頼されております。 その理由は、鶴岡市の生産者は奥田シェフが現れる前までは、農産物の売り込みがうまくできず、 苦労していたようです。 しかし、奥田シェフの登場によって、地元の生産者たちが作った食材は、 アルケッチャーノとともにブランド化してゆき、奥田シェフとともに脚光を浴びることができたからなのです。 まさに「共存共栄」を具現化したビジネスパターンと呼べるでしょう。 また、奥田シェフの地元の生産者に対する「思いやり」というものが、言わずとも伝わってきます。

 

美味しい料理ができるのは、奥田シェフの料理の腕も当然なのですが、 生産者さんのおかげという感謝の気持ちも伝わってくるのが、奥田シェフの人柄なのではないでしょうか。 こちらのレストランに行った方々は、口を揃えて食材が非常に美味しいと言うそうです。

現在、携帯電話アプリケーションの市場は発展の一途をたどっています。スマートフォン、アイフォンなど多機能携帯電話の代登によって携帯用アプリケーションに求められる機能の水準が大幅に上昇し、それに伴って開発側の技術も高度なものへと移り変わっています。そんな流動性の激しい市場に十年以上も前から事業を展開し、収益をあげている会社があります。それが株式会社ソニックムーブです。

 

ソニックムーブはまだ携帯電話でインターネットが使えるようになる以前の、アイモードのころから携帯用アプリケーションの開発を受注してきました。その長年培ったノウハウは他の企業とは一線を画し、新興企業の数が年々増えている市場でも生き残ることができています。

 

特に近年ではソーシャルアプリへの対応を素早く行い、グリー、モバゲー、アメーバなどの大手企業のプラットフォームへ魅力的なアプリケーションを投入しています。

 

そんな携帯用アプリケーション開発企業、ソニックムーブを率いる大塚代表取締役の経歴は幼いころからゲームに接点があったことを示しています。子供のころからコンピューターへの興味を示していた大塚さんは遊び感覚で自分のゲームを作成、大学時代に出会ったインターネットに大きな魅力を感じて大学語の進路はウェブデザインやソフトウェアの会社へと向くものでした。

 

会社を退社した以降はフリーランスとして活動し、多くの顧客からの支持を集めていましたが、顧客側から「法人化してほしい」という強い要望があったために現在のソニックムーブを設立しました。

 

競争の激しい市場では当然生き残るための武器が必要で、ソニックムーブも10年間の間に他の企業には負けない大きな強みを手に入れました。それが自社によって開発から生産、納品まで行えるワンストップラインの構築です。また社員の多くがクォリティにこだわりをもち、より質のいい商品をという意識が浸透しているので結束力が硬く、質のいいアップリケ―ションをコンスタントに納品することができます。

 

今後の展望として大塚代表は、会社の規模と仕組みのバランス調整を掲げています。

 

どんなに事業規模が大きくてもきちんとした収益が上がっていなければ意味がありません。そうした細かいマネジメントに注意を払うことで限られた資源の中でも十分に戦える戦力を揃えることができます。

 

具体的な数字として社員100人、売上12億円という目標を掲げたソニックムーブには今後も大きな期待が寄せられます。また多くのベンチャー企業が利益や売り上げを重視し、積極的にコストやリスクを取っていくなかで、ソニックムーブの新しい方針である社内の環境整備と状況に合わせたシステムの構築というのはベクトルが異なる印象を受けます。どちらかといえばリスクを排して効率を上げる手がい方法といえるでしょう。これまで多くの開発を手掛けてくることによって業績を伸ばしてきたソニックムーブが新しい制度の導入でどのように変化するのか、その動向に期待しましょう。